ケイソウくんをご採用いただき、DIY施工していただきました「KM様」施工画像を
ご紹介させていただきます。

奥様もお子様を抱え奮闘中!!
「コテさばき」もサマになっています。

 

大壁には「特注色」をご自身で制作し塗っています。
素敵な仕上がりになります事心より願っております。

***********************************************************************

製品の詳しい内容はこちらのホームページよりご覧ください。
珪藻土塗り壁材「ケイソウくん」

無料スピード請求 フリーダイヤル0120-335-212 メールでのお問合せ・資料請求

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ご自身で制作された特注色とのことですが、どうやられているのでしょうか?

リフォーム予定の部屋に濃い色を塗りたいのですが、珪藻土では難しいのではとあきらめかけていたところ、こちらのサイトを拝見してびっくりしました。
せひ、やり方を教えていただきたいので、よろしくお願いいたします。

コメント頂き誠に有難うございます。
つきましてはご質問に返答させていただきます。

【着色方法】

A:粉顔料を使用する
・建材屋(まれにホームセンター)さん等で入手できる『粉末顔料』を入れよく撹拌して着色します。
・よく撹拌出来るよう『撹拌機(機械ミキサー)』をご使用下さい。
・粉のケイソウくんをご使用の場合は、粉同士を撹拌機で十分混合してから水と調合して下さい。
・練り済みのケイソウくんをご使用の場合、小さいコップに水約60ccと顔料を混ぜ合わせた物を
練りケイソウくんに入れ十分混合して下さい。

B:液体顔料を使用する
・「絵具」「ポスターカラー」等、水溶性の着色材を使用します。
・よく撹拌出来るよう『撹拌機(機械ミキサー)』をご使用下さい。
・粉のケイソウくんをご使用の場合は、混合用の水に着色材をあらかじめ入れ十分に混ぜ合わせます。
その後ケイソウくんの粉と着色水を十分混合して下さい。
・練り済みのケイソウくんをご使用の場合、小さいコップに水約60ccと顔料を混ぜ合わせた物を
練りケイソウくんに入れ十分混合して下さい。

上記が着色方法2種となります。

【注意点】
*顔料増量分に比例し、珪藻土の穴が塞がれ若干の性能低下があります。
*濃い色になるに従い、乾燥時間差による『色差(色ムラ)』が生じやすくなります。
*着色後の壁面色確認の為、あらかじめ少量のケイソウくんで色調を試しご確認下さい。

以上、また何かご質問等ございましたら何なりとお問い合わせ下さい。

Comment feed

コメントする

お問い合わせ

漆喰珪藻土ケイソウくんの塗り方、性能に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが親切・丁寧にお答えいたします。資料のご請求も下記より承ります。

フリーダイヤル:
0120-335-212

アーカイブ