暮らしの中の快適空間を創る 漆喰珪藻土自然素材系塗り壁「ケイソウくん」ご採用前〜後採用後、度々お問い合わせいただく 質問内容

「壁はどのように塗ったらよいのですか?/壁を塗るのに順番はあるのですか?」

今回は『1つの壁面:塗り方の順序』をご紹介させていただきます。

まず部屋壁面を塗る順番は「壁はどのような順番で塗ったらよいのですか?①」をご覧下さい。
http://www.keisoukun.com/blog2/diy-how-to/points/plastered-wall/377/

では今回は 「1つの壁面」 をどのような順序で塗ると、綺麗に仕上げる事が出来るのかをご説明させていただきます。

壁面塗順番

 

●壁を「約 1m×1m」ほどに分割します。(上図イメージ)
●天井側の隅 ① から下 ② へ塗り進み、一番下 ③ まで塗ったら、その隣の天井側 ④へと進み ⑤ ⑥そしてまた天井側 ⑦ ⑧ ⑨・・・・と繰り返し塗り進んでいきます。
●右利きの人は左端から、左利きの人は右端(上図13→1になります)から塗ると、作業がしやすいと思います。

≪POINT≫
●1番最初塗った ① 壁面が乾燥する前に ④ を塗り繋いで下さい。
● ① 壁面が乾燥し始め ④ を塗り繋ぐと『塗り継ぎムラ』という、仕上がりに『色ムラ』が現れ、奇麗に仕上がらなくなります。
●常にこのPOINTを意識し、① ② ③ と塗り進み ① が乾く前に ④ ⑤ ⑥ と塗り進み ④ が乾く前に⑦ ⑧ ⑨・・・・・・と、同作業を繰り返し行い、壁面全体を仕上げて行きます。

IMG_7764 IMG_7766

IMG_7767

IMG_7769 IMG_7770

●職人さんの場合「塗るスピード」が早いので ① ④ 2つを合わせた幅を塗る事が出来、次に ② ⑤ ③ ⑥ と塗り進み、7&10・・・・と「塗り継ぎ壁面が乾燥する前」に幅広で施工する事が可能です。
●しかし一般の方がそう簡単にスピードある施工ができるものではないので コテ使いに慣れるまでは『塗り継ぎムラ』が出ないよう1つ1つの壁面横幅を狭く施工し、塗り継ぎ部表面が乾燥しない程度のスピードで、次々に塗り継いでいく必要があります。
●塗り始めた壁面は「休む事なく」仕上げて下さい。

施工の慣れないうちは、ハシゴと2人体制でテンポ良く塗り進んで行く事をお勧め致します。


こちらの情報は定期的にブログ内にて、ご紹介させていただきます。
製品の詳しい内容はこちらのホームページよりご覧ください。珪藻土塗り壁材「ケイソウくん」

無料スピード請求 フリーダイヤル0120-335-212 メールでのお問合せ・資料請求

お問い合わせ

漆喰珪藻土ケイソウくんの塗り方、性能に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが親切・丁寧にお答えいたします。資料のご請求も下記より承ります。

フリーダイヤル:
0120-335-212

アーカイブ