» 珪藻土施工ビデオのブログ記事

ご採用いただきましたお客様より、大変「ご好評」をいただいております

MIXグレードに 「ビギナーズセット」 ができました。

お値段も通常価格に比べ お得なセット価格(¥2,050- お得です) となっています。
( 通常価格:¥8,875- ⇒ セット価格¥6,825- ) 

【セット内容のご紹介:動画】

【セット内容】

①MIXグレード5kg : 練り置きタイプで箱を開けたらすぐに塗れます 
http://www.keisoukun.com/blog2/kawaraban/825/) 

「コテ板」 「コテ」 1セット入っています。
・コテ板は材料の滑り落ちも無く、プラスチック軽量タイプなので手の疲れがありません
・コテは柄の部分にクッション性を持たせ、施工中も手を痛める事なくラクラク塗る事ができます

こちらのセットをご購入いただくだけで別の施工道具を揃える事無く、すぐにDIY施工を
行う事が出来ます。

【ビギナーズセット購入ページ】
http://keisoukun.shop-pro.jp/?pid=23679398

もちろん上記以外に養生等の部材をご用意いただき、事前の準備が必要となります。

【養生施工 How to】
①床養生 :http://www.keisoukun.com/blog2/diy-how-to/points/plastered-wall/392/
②マスカー:http://www.keisoukun.com/blog2/diy-how-to/points/plastered-wall/396/
③マスキング:http://www.keisoukun.com/blog2/diy-how-to/points/plastered-wall/400/

【養生部材購入ページ】
副資材:http://keisoukun.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=873152&csid=0

上記お得なセットでDIY施工の第一歩をスタートしていただければ幸いです。

*******************************************************************************

こちらの情報は定期的にブログ内にて、ご紹介させていただきます。
製品の詳しい内容はこちらのホームページよりご覧ください。
珪藻土塗り壁材「ケイソウくん」

無料スピード請求 フリーダイヤル0120-335-212 メールでのお問合せ・資料請求

お客様より大好評をいただいております『 MIXグレード 』
こちらの製品をご紹介させていただきます。

今回は「コテ以外での施工方法」

コテで施工が難しそうに感じる方は、今回ご紹介する「スポンジ~コテ施工」をお勧めします。

① コテ板の上にのせた材料を、スポンジによくなじませ材料を塗りたい壁面に塗り付け伸ばします。
② 塗りつけるイメージとしまして、車に固形ワックスを塗るよう円を描きながら伸ばします。
③ この動作を何度か繰り返し行い、均一な塗り厚になるようにします。
④ その後コテで表面を 「 サ~ 」 っとなでると平滑な塗り面になります。

この施工方法は壁の隅やコテの入りにくい細かい部分等などに応用がきく施工方法です。

また家族や友人数人と施工する場合、1人がスポンジでどんどん材料を壁面に塗り付け
それを追いかける形で、もう1人がコテで表面を整えるなんていう施工ができます。

お子さんにスポンジ担当をしていただくのも良いと思います。

皆様の作業性等を考え開発された 「 ケイソウくんMIXグレード 」
是非この機会にご採用いただければ幸いです。

お客様より大好評をいただいております『 MIXグレード 』
こちらの製品をご紹介させていただきます。

今回は「コテでの施工性能」

実際にコテで塗った所を見ない事には、躊躇して手が出せないものです。
是非下記動画をご覧になり、コテの動きが滑らかに動く事ご確認下さい。

① コテに取った材料を塗りたい壁面に塗りつけ、コテを左右に動かし均一に伸ばして行きます。
② 材料が均一に伸びましたら、①と同じ動作を何度か繰り返し材料を壁面に塗りつないで行きます。

動画を見ると滑らかにコテが動いている事がお分かりいただけると思います。
コテに対する抵抗も少ないので、ストレス無く塗っていただく事が可能です。

皆様の作業性等を考え開発された 「 ケイソウくんMIXグレード 」
是非この機会にご採用いただければ幸いです。

お客様より大好評をいただいております『 MIXグレード 』
こちらの製品をご紹介させていただきます。

今回は「コテへの密着具合」

コテ施工するにあたってこの “ 密着具合 ” は大変重要で、皆様の作業効率に大きく関わってきます。

① コテ板に取った製品を板中央に集め、コテを適量な材料分部分に差し入れ
   コテ板奥にスライドさせるよう滑らせます。
② コテ板奥までスライドさせ最後にコテをクルリと上に反します。

動画を見るとコテについた材料がすぐ下に落ちないのが分かっていただけると思います。
この密着率が低いと材料がコテ板から取れず、またせっかくコテに取れた材料が次の
作業工程である “ 壁に材料を塗りつける ” という作業前に材料が床に落ちてしまい
使い物にならなくなってしまう事があります。

皆様の作業性等を考え開発された 「 ケイソウくんMIXグレード 」
是非この機会にご採用いただければ幸いです。

お客様より大好評をいただいております『 MIXグレード 』
こちらの製品をご紹介させていただきます。

今回は「開封後の材料」

実際どのような感じ ( 硬さ ) の製品なのか等、動画にてご紹介させていただきます。

① フタを開けビニール袋を止めてある輪ゴムを外して下さい。
② 適量の材料をコテ板等にすくい取ります。
③ 材料を適度な硬さになるまで揉みほぐして下さい。

フタを開けたらすぐ塗れる 「 ケイソウくんMIXグレード 」
あまり揉みほぐしすぎるとトロトロになってしまうので、程よい硬さ~練り具合を
キープするのがPOINTです。

お客様より大好評をいただいております『 MIXグレード 』
こちらの製品をご紹介させていただきます。

今回は「フタの開け方」

意外と “どのように開けたらよいのですか? ” と多く質問が寄せられる内容なので
動画にてご紹介させていただきます。

① 本体の「タブ」(◎マーク)ACTION-1を引き上げピールを引っ張り全周取り除きます。
② 本体の「タブ」(PULLマーク)ACTION-2を引き上げ本体とフタとに隙間を作ります。
③ 隙間に手を入れフタを取り除きます。

外気との接触をなるべく避ける為、シッカリ密封されているMIXグレードの缶。
フタを開ける際はくれぐれも怪我等にご注意下さい 。

お客様より大好評をいただいております 「 ケイソウくんシリーズ 」 中の『 ケイソウくんクロス 』
今回は  ジョイント処理  をご紹介させていただきます。

この “ ジョイント処理 ” クロス貼りの最大の山場となります。
ここが綺麗に仕上がるか仕上がらないかで、壁の表情が大きくが変わります。

① クロス同士が重なり合っている中央を 「 ヘラ&カッター 」 を使用しカットしていきます。
② カットは今回施工するクロス2枚のみをカットするよう心がけます。
  ( 正直この部分が難しいのですが、下地をなるべく傷つけないようにカットします )
③ カットした余分なクロスを2枚剥がします。
④ ジョイント部を 「 ジョイントローラー 」 でクロス同士が重ならないように仕上げていきます。 
⑤ スポンジを水で洗い後かた絞りし、壁面に付いた余分な糊をふき取ります。

これでクロスが貼り終わりました。
後はこの作業を繰り返し行い、部屋全面を仕上げていきます。

「 ケイソウくんクロス 」 は施工後簡単に汚れをふき取れますので、家の汚れやすい場所、例えば “ 子供部屋 ”
または物が擦れる恐れのある場所 、例えば “ 廊下や納戸 ”このような場所の使用を推奨致します。

良く 「 珪藻土壁紙は施工しにくい・・・ 」 との声を聞きますが「ケイソウくんクロス 」 は違います。

是非 “ 特許取得商品 ケイソウくんクロス ” の素晴しさをご体感下さい。

お客様より大好評をいただいております 「 ケイソウくんシリーズ 」 中の『 ケイソウくんクロス 』
貼り方②に続き実際の 貼り方  をご紹介させていただきます。

貼り方①~②が終了。次は 「 ハシゴ( 脚立 ) 」 から下りての作業となります。
基本的な作業は②同様、余分な部分を 「 カット 」し 「 スポンジ 」 で拭き取っていきます。

① 空気抜きのハケを使用し 「 上部続きから下へ 」 また 「 中央から左右へ 」とハケを動かし
  空気を抜き、壁紙を密着させていきます。
② 巾木と壁との入り隅・壁同士の入り隅を 「 隅だし棒 」 を使用しシッカリと角を出します。
③ ヘラとカッターを使用し、余分な部分を真っ直ぐにカットします。
④ カットした後、密着していない端のクロスをプラスチックヘラで密着させます。
⑤ スポンジを水で洗い後かた絞りし、壁面に付いた余分な糊をふき取ります。

これで天井から床まで1枚のクロスが貼り終わりました。
この作業を繰り返し行いクロスを貼りつないで壁面を完成させていきます。
貼りつなぎはクロスを重ねて貼って行きます。 ( 下記動画参照 )

次はつなぎ目 ( ジョイント ) の処理となります。

お客様より大好評をいただいております 「 ケイソウくんシリーズ 」 中の『 ケイソウくんクロス 』
貼り方①に続き実際の 貼り方  をご紹介させていただきます。

貼り方①にてご紹介させていただきましたとおり、ある程度まっすぐに貼りつける事ができましたら
今回は余分な部分を 「 カット 」していきます。

動画は 「 ハシゴ( 脚立 ) 」 に乗っての作業の続きとなります。

① 天井と壁との入り隅・壁同士の入り隅を 「 隅だし棒 」 を使用し、シッカリと角を出します。
② ヘラとカッターを使用し、余分な部分を真っ直ぐにカットします。
③ カットした後、密着していない端のクロスをプラスチックヘラで密着させます。
④ スポンジを水で洗い後かた絞りし、壁面に付いた余分な糊をふき取ります。

この時点で 「 ハシゴ( 脚立 ) 」 からは1度も下りていません。
作業効率的になるべくハシゴの “ 上り下り ” は最小限に抑えましょう。
また “ 壁面に付いた余分な糊のふき取り ” はシッカリと行って下さい。
拭き残しておくと、経年変化で “ 黄色い染み ”になってしまいますのでご注意下さい。

お客様より大好評をいただいております 「 ケイソウくんシリーズ 」 中の『 ケイソウくんクロス 』
こちらの実際に貼っている  貼り方  をご紹介させていただきます。

今回施工する壁面は「 パテ施工 : 動画 」 にてご紹介させていただきました壁面に施工します。
http://www.keisoukun.com/blog2/diy-how-to/movies/wall-paper-movies/355/


【 パテ処理前の画像 】

天井までの高さが2m40㎝程あるので 「 ハシゴ( 脚立 ) 」 に乗っての施工です。
クロスを貼る場合、基本は “ 右上 ” から貼り始めなので、動画はそこからスタートしています。

① 糊の付いた壁紙を持ち、脚立(ハシゴ)に上り 「最後に糊付けした部分」 を持ち
  上記動画ように広げ、下に垂れおろして行きます。
② 壁上 ・ 壁右に少し(約2~3センチ程)余裕をみて貼り、それを基準にまっすぐに
  貼って行きます。
③ 空気抜きのハケを使用し 「 壁面上部中央から下へ 」 また 「 中央から左右へ 」
  とハケを動かし空気を抜き、壁紙を密着させていきます。
④ 空気の抜き残しがあると、仕上がりが綺麗に仕上がらなくなりますのでご注意下さい。

良く「 珪藻土壁紙は施工しにくい・・・ 」との声を聞きますが「ケイソウくんクロス」は違います。

ここが “ 特許取得商品 ケイソウくんクロス ” の素晴しい性能の1つとなっています。

お問い合わせ

漆喰珪藻土ケイソウくんの塗り方、性能に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが親切・丁寧にお答えいたします。資料のご請求も下記より承ります。

フリーダイヤル:
0120-335-212

アーカイブ