» シックハウス・アレルギー対策のブログ記事

弊社のカタログはもとより、他者様とのデータ比較時によく目にする値

 PPM   

ppmとは 「 part per million 」 の頭文字をとったもので
1ppmは100万分の1 を表していいます。

同様なものとして,皆様良くご存じの%がありますが、%は100分の1ですから
1%=10000ppm となります。

では、これを立体的に表わすとどうなるのか 。

例えば 1m × 1m × 1m = 1m3 ( 立方メートル ) の箱があるとします。

1m = 100㎝ ですので

つまり 100㎝ × 100㎝ × 100㎝ = 1000000㎝3 ( 立法センチメートル) の箱となります。

ppm は 「 1/1000000 」 ですので、上記の箱の

1㎝ × 1㎝ × 1㎝ = 1㎝3 ( 立法センチメートル) が 「 1ppm 」となります。


        【 赤い部分が 「 1ppm 」 のイメージ図 】

例えば “ シックハウス ” の元凶とされている 「 ホルムアルデヒド 」
この物質には国からの基準が設けられていて

「 室内濃度は “0.08ppm 以下 ” でないといけませんよ 」 と規制されています。

つまりこれ以上の濃度になると人体に危険性がありますよと言っているのです ・・・。

では上記の立体図を踏まえ想像すると

0.08 = 8/100 ですので

1㎝3( 立法センチメートル) の 8/100 は

4㎜ × 4㎜ × 5㎜ = 80㎜3(立法ミリメートル)となり

この大きさに値する 「 ホルムアルデヒド 」 が  1m3 ( 立方メートル )内にあると危険とされているのです。

一般的な6畳一間のリビング、この容積を計算すると

3.6m × 2.7m × 2.4m = 約 23.4m3 ( 立方メートル )

80㎜3(立法ミリメートル)が 23.4個あると・・・・危険

ppm 分かっていただけましたか?

建材に表示されている『F☆☆☆☆』ってご存じですか?

今現在建築に使用される部材の多くにこの表示がされています。

では簡単に説明を

【F☆☆☆☆(Fフォースター)とは】

国土交通省が定める「ホルムアルデヒド」に対しての規制です。
ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表すために、表示することが決められています。
F☆☆☆☆と表示されている建材や内装材だけが、建築基準法によって使用量が制限されません。
F☆☆☆やF☆☆になると条件付きの使用や使用量の制限があり
F☆のものは内装材としての使用は禁止されています。

当然「ケイソウくん」も取得しているのですが、本来取得する必要性がなく
悪い物質を放散しないばかりか、有害な物を吸着~分解する力があるのです。

先ほども言った通り「F☆☆☆☆」というのは国土交通省が定める
「ホルムアルデヒド」に対してだけの規制です。
厚生労働省が定める危険物質は13品目もあり、ケイソウくんはそれら13
品目を含め、52品目もの有害とされる物質で試験をし、それら有害化学物質
が発生しないというデータを持っています。

「珪藻土壁材」の中で、ここまでのデータを持っているのは

正直「ケイソウくん」だけです。

実際生活していると家を建てた時の建材だけでなく、生活していく中からの
家具・電化製品・衣類等から発生する「ホルムアルデヒド」等が問題になります。

それらの事を踏まえ・考え、良い「内装材」選びを行って下さい。

お問い合わせ

漆喰珪藻土ケイソウくんの塗り方、性能に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが親切・丁寧にお答えいたします。資料のご請求も下記より承ります。

フリーダイヤル:
0120-335-212

アーカイブ